小説を2冊読んだ

死んでも何も残さない―中原昌也自伝

死んでも何も残さない―中原昌也自伝

ずっと愚痴が書いてあって気が滅入った。

夢と幽霊の書』ってワクワクする題名の本を立ち読みしていたら、解説に「この本は夏目漱石の『琴のそら音』で言及されている」って書いてあったので読んだ。ホラーと思いきやズッコケ話で楽しかった。