C言語は2ヶ月くらい勉強した。『明解C言語入門編』を読んで、あとはウェブ上のいろんなブログとか個人サイトの情報がたくさんあるので基本は学べた。プログラミングとかネットワークとかコンピュータの情報って個人のブログに設定例とか解説があって文化って感じで感動した。

ポインタで文字列内を探索したり切り離したりくっつけたり、動的にリスト構造を作ったりするのはできるようになった。ってもうC/C++を触ることもあんまりない気がして寂しい。C++はちゃんと勉強したいけど何か作るものも思いつかないし強制されないとやらないだろうな。

プログラミングはできるようになったことが明確にわかってよかった。作ったプログラムが思い通りに動いたりバグを見つけて直したときのうれしさ(とくにポインタの操作がうまくいった瞬間)は、カラオケで歌が上手く歌えたり初めて逆立ちが出来た瞬間に似てて楽しいものだったけど、それはプログラミングだけやってればよくて余裕があるからだと思った。

勉強するとき一番参考にした書籍とウェブサイト

新版 明解C言語 入門編

新版 明解C言語 入門編


苦しんで覚えるC言語
http://9cguide.appspot.com/
Programming Place Plus
http://www.geocities.jp/ky_webid/