読書メモ

丸屋九兵衛『ヒップホップの決めゼリフ』を読んだ

丸屋九兵衛が選ぶ、ヒップホップの決めゼリフ (SPACE SHOWER BOOKs)作者: 丸屋九兵衛出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク発売日: 2014/02/28メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る アメリカのヒップホップの名フレーズの翻訳と、それ…

内田樹『寝ながら学べる構造主義』を読んだ

寝ながら学べる構造主義 (文春新書)作者: 内田樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/09/20メディア: Kindle版購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログを見る 構造主義の重要人物の考えたことを教えてくれる。重要人物とは以下。 マルクス フロイト …

大塚英志『ストーリーメーカー』を読んだ

ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84)作者: 大塚英志出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス発売日: 2008/10/09メディア: 新書購入: 29人 クリック: 251回この商品を含むブログ (74件) を見る さまざまな神話をある程度以上抽象化…

東京カリー番長『世界一やさしいスパイスカレー教室』を読んでスパイスカレーを作った

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-作者: 東京カリ~番長,水野仁輔出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2016/06/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る じゃあカレー作ってみようということで…

架神恭介『「バカダークファンタジー」としての聖書入門』を読んだ

「バカダークファンタジー」としての聖書入門作者: 架神恭介出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2015/04/25メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る 旧約聖書と新約聖書の各文書のあらすじとキリスト教徒でない著者による解説・感想をま…

宮本常一『忘れられた日本人』を読んだ

忘れられた日本人 (岩波文庫)作者: 宮本常一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/04/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 江戸の終わりから第二次大戦後間もなくにかけての農村部に住んでた人からの聞き書き話を大量に教えてくれる。 女好き…

高村友也『自作の小屋で暮らそう Bライフの愉しみ』を読んだ

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)作者: 高村友也出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2017/02/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 最低限の生活(=Basicライフ)を送るための実践を教えてくれる。最低限の生活とは、楽にゴロ…

ハラリ『サピエンス全史 下』を読んだ

サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福作者: ユヴァル・ノア・ハラリ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/09/16メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 上巻はこっち 資本主義・科学・宗教がヒ…

松本仁一『カラシニコフ 1』を読んだ

カラシニコフ 1作者: 松本仁一出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2013/11/05メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 国家に期待される仕事は治安を良くすることで、治安は統制された武力がもたらす。武力とは直接的には銃だ。銃の統制に失敗する…

架神恭介, 辰巳一世『完全教祖マニュアル』を読んだ

完全教祖マニュアル (ちくま新書)作者: 架神恭介,辰巳一世出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2016/07/29メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 教祖の成立要件は以下の二要素です。つまり、「なにか言う人」「それを信じる人」。そう、たった…

pha『持たない幸福論』を読んだ

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎単行本)作者: pha出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2015/05/26メディア: Kindle版この商品を含むブログ (5件) を見る 「普通」の価値観に対する別の価値観を教えてくれる。 会社で…

橋本陽介 『物語論 基礎と応用』を読んだ

物語論 基礎と応用 (講談社選書メチエ)作者: 橋本陽介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/04/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 二部構成で、前半は理論編、後半は分析編になっている。 理論編は、物語論の基本、物語の構造の種類をいろいろ…

木下是雄『理科系の作文技術 リフロー版』を読んだ

理科系の作文技術(リフロー版) (中公新書)作者: 木下是雄出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/10/14メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 「理科系の仕事の文書」を書く際の心得を教えてくれる。「理科系」というものの、情報(=事実と意見…

富野由悠季 『富野に訊け!!』を読んだ

富野に訊け!! (アニメージュ文庫)作者: 富野由悠季出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2014/10/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 『機動戦士ガンダム』監督の富野由悠季の悩み相談。私はガンダムは見たことないが、富野監督のキャラクターは…

マコーミック『世界でもっとも強力な9つのアルゴリズム』を読んだ

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム作者: ジョンマコーミック出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2013/10/10メディア: Kindle版この商品を含むブログ (6件) を見る インターネットで日常的に使われている技術のもとになったアルゴリズムを教えてくれる。核…

草下シンヤ『実録ドラッグ・リポート』を読んだ

実録 ドラッグ・リポート作者: 草下シンヤ出版社/メーカー: 彩図社発売日: 2012/05/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 著者が実際に体験したドラッグについての話がいろいろ読める。中島らも『バンドオブザナイト』や、バロウズ『ジャンキー』…

ハラリ『サピエンス全史 上』を読んだ

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福作者: ユヴァル・ノア・ハラリ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/09/16メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ヒト(ホモサピエンス)の生物学的な特徴と…

上原善広『被差別の食卓』を読んだ

被差別の食卓(新潮新書)作者: 上原善広出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/07/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 世界のさまざまな地域で差別を受けてきた人々の独自の料理を実際に現地に行って食べてきたレポート。アメリカ、ブラジル、…

『パーフェクトJavaScript』

パーフェクトJavaScript (PERFECT SERIES 4)作者: 井上誠一郎,土江拓郎,浜辺将太出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2011/09/23メディア: 大型本購入: 24人 クリック: 588回この商品を含むブログ (12件) を見る JavaScript の言語解説と、 DOM 操作の基本、…

『Team Geek』

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか作者: Brian W. Fitzpatrick,Ben Collins-Sussman,角征典出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2013/07/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (18件) を見る 生産性が…

『リーダブルコード』

超有名な本。システム全体をきれいにつくるとかではなく、今自分が書いたコードをきれいにする方法が具体的に書かれている。 内容は全部もっともで、すぐに実践できる。でも実際にコーディングしてると色々疎かになって、あっという間に自分だけしか読めない…

『オブジェクト指向でなぜつくるのか』

業務でコーディングして身にしみたのは、複数人で、長期間にわたってソフトウェアを作ることの難しさだ。そうなるとコーディングで大事になるのは、 読みやすい 変更しやすい 使いやすい(仕組みがわからなくても動かせる) ということになる。オブジェクト指…

『Emacs テクニックバイブル』

見出しと概要を眺めてこれがやりたかったというところを読む。 emacsに対する体系的な理解というよりは、小さなトピックで分かれていてそれらの具体的な改善策を得られる。 emacsかっこ良くつかうにはelisp勉強しないとダメだなと感じた。 align-regexp JSON…

『開眼!JavaScript』

巻末付録のレビューで、この本で何を理解出来るか知れる。 2 オブジェクトとプロパティ in演算子。"prop" in object // objectがpropを持っている場合trueを返す 5 グローバルオブジェクト var 演算子を使わないで変数を定義するのは変数の定義ではない。グ…

読みかけた

田中小実昌『ポロポロ』『自動巻時計の一日』を買ったので読もうと思っているけどなかなか読み進まない。数年前に大学の講義で田中小実昌の短編を読んだ時に、マフィンかカップケーキか忘れたけど、「甘いものをぽろぽろ食べる」みたいな描写があって、ぽろ…

杉浦日向子『百物語』(新潮文庫)

直接的な関係のない2つの出来事を結びつけて考える時、その後ろで何が動いているのか人にはしれないのが深い穴を覗いているようで恐ろしい。妻がいつのまにかふたりに増えている話 其ノ六十 お腹のなかに生まれなかった姉がいる話

読書メモ : フアン・ルルフォ『ペドロ・パラモ』(杉山晃・増田義郎訳、岩波書店)

12 トロンヒルの葉やカスティージャの花やヘンルータの枝など、いろんな薬草がいっぱい詰め込まれた土鍋の中にあった。25 センターボ(通貨)39 あの馬はいつかあんたを殺すだろうって言われてただろう?49 いま天国にいるかもしれないが、ま、そんなことは問…

読書メモ : カート・ヴォネガット・ジュニア『猫のゆりかご』(伊藤典夫訳、ハヤカワ文庫)

おかあさまニュートぼうや「おかしな旅の誘いは、神の授けるダンスレッスンである」96p "窓の外の美しい景色とか、読んでいるもののなかで見つけたおもしろい記事やためになる記事、過ぎ去った昔のとりとめもない思い出、そういった些細な贈り物を交換しては…

読書メモ : 植草甚一『古本とジャズ』(ランティエ叢書角川春樹事務所、1997年)

モダンジャズのマニアになるにはレコード2000枚。レコードは一枚2500円が相場。何かのマニアになるには、その趣味に一年に100万円ずつつぎ込むのをを5年間続ける。ジャズ喫茶2000枚分聞くとなると1日3時間を5年、だとコーヒー一杯70円で13万円。1961年のエッ…

読書メモ : 菊地成孔『スペインの宇宙食』小学館、2003年

子供にとって泳ぎが上達することは甘い蜜のようなものだゲイは自分から告白することにより差別される、黒人差別とはそこが異なるレコーディング時に踊りまくる小西康陽ディズニー、ヒュー・ヘフナー、サイモン・ローディア、バグジー・シーゲル、クラレンス…